(左→右)
Vocal/Guitar : 粟國智彦 (あぐにともひこ)

Guitar : 仲松拓弥 (なかまつたくや)

Bass : 窪田薫 (くぼたかおる)

Drums : 久富奈良 (くどみなら)

Twitter:@mujina_info

 

2010年:沖縄にて、高校の入学を目前に粟國智彦の呼びかけにより小学校の頃の同級生でナツノムジナを結成。
      同年の10月ごろにベーシストが抜け、現メンバーの窪田薫が加入。
2011年:bloodthirsty butchersのライブのオープニングアクトを務めたことをきっかけに音源作成を決意。
      同年10/14に山本精一のオープニングアクトを務めたライブで二曲入りの音源”黒点/渚にて”を販売開始。
2012年:窪田が一足先に東京に上京することになり活動休止。
2013年:メンバー全員が上京をし、東京で活動を再開。
2015年:自主製作音源の”natsunomujna-ep”を4月にリリース。同年にLAMAやbonobosと共演。
2016年:自主企画”Pale”を定期的に開催。同年9月に2曲入りカセット〈Driftage vol.1【艀・凪】〉を会場限定でリリース。
2017年:3月に2曲入りの7inchレコード〈Driftage vol.2【天体・月の裏側】〉を会場限定でリリース。
         9月に初の全国流通版1st.Full Album「淼のすみか」をリリース。
2018年:3月に新代田FEVERにて自主企画”HERVEST”を開催。合わせて「淼のすみか」のLP盤をリリース、
      同ライブのチケットが当日発売のLPの帯デザインとなっているオリジナルチケットを販売。
      同月、CINRA.NETの対談企画掲載。田渕ひさ子氏とライブセッション→対談で音と言葉で語り合う。
      8月下北沢SHELTERでTaikoSuperKicksと2マン自主企画”FLOAT”を開催。
      同日に全て手刷のポスターに新譜をダウンロードできるQRコードを載せたポスターシングル「漸近線」を限定100枚リリース。
     11月CINRA主催イベント『NEWTOWN 2018』において、
     東洋化成×CINRAの共同制作企画で7inchレコード「漸近線/天体(with 田渕ひさ子)」を限定発売。